マンション管理会社に依頼する場合の注意点は

必要ない部分にまで手を出すかもしれない

分譲マンションは購入しても建物そのものの点検とメンテナンスを行わなければなりません。賃貸物件の場合は貸主が独断でマンション管理会社に依頼するなどして点検をしてもらうことができますが、分譲マンションの場合だと貸主はいないので、自分たちでどの会社にするかを決めて依頼する必要が出てきます。この管理会社に依頼するメリットは素人ではわからないようなことを調べて、現在の状態がどうなっているかを教えてくれると同時に、消耗部品などの部品取替えや汚れた部分の清掃などを行ってくれることです。しかし依頼するからには複数の注意点が存在することを忘れてはなりません。まず最初に注意することは、どの会社に依頼するにしても、分譲マンションに住んでいる住民たちは任せっぱなしにしてはならないということです。というのは住民たちが完全に任せっぱなしにしていると建物管理に関心がないと読み取られてしまいます。良心的な会社ならば良心的な対応をしてくれますが、すべての会社が良心的とは限りません。依頼された会社もボランティアではなくて商売でやっています。ということでできるならば少しでも売り上げの数字をあげたいということで、必要に迫られてない部分にまで手を出して住民たちに余計にお金を払ってもらおうと画策するかもしれません。

変更する場合にもそれなりの手順がある

もしそのような評判の悪い会社にあたってしまった場合には途中でマンション管理会社の変更をすることができます。しかし変更するにしてもやはりいくらかの注意点があります。まずは変更の通知をするには基本的に3か月以上前に行うことです。3か月以上となっているのは国土交通省が定めて作成した標準的な契約書に従った場合です。3か月以上前にすることで突然に報復行動として違約金の請求をすることもできなくなるからです。あとは残りの3か月間をいかに円満に過ごすかにかかります。ちなみに3か月前は契約終了の時期まで待つ必要もありませんので途中解約も可能となっています。

複数社から見積もりしてもらって競争

他にも新しくマンション管理会社を決める注意点としては、複数の会社から見積もりやサービスの詳細を出してもらって競争状態にあえてさせることも方法の1つです。これによって経費の削減を目指せると同時に、質の低下を招くことも回避しやすくなるからです。ただ新しい会社を決めるタイミングにも注意しないとなりません。住民代表のマンション理事会のメンバーは定期的に交代する時期がありますが、交代の時期や新しいメンバーが就任して間もないころは、新しい理事会のメンバーがまだよくわかってないこともあるので、マンション管理に熟知したころに変更するのが妥当な可能性が上がるからです。